2007年12月15日

キューティクルの厚さ

キューティクルの厚さには個人差があります。
そのため、人によって硬い髪、柔らかい髪などの特徴があります。

キューティクルの層が厚い髪は、硬くハリやコシがあるためボリュームが出やすい。
キューティクルの層が薄い髪は、柔らかくハリやコシがなくボリュームがありません。

【関連する記事】
posted by キューティクル at 00:00| Comment(39) | TrackBack(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

ヘアマニュキュア

ヘアマニュキュアでのカラーリングはヘアカラーに比べるとキューティクルを傷つけることは少ないです。
しかし、無傷ではいられません。
多かれ少なかれキューティクルを傷つけています。

ヘアマニュキュア
髪の表面をコーティング。髪表面についた色素の一部が内部に浸透し髪に色が着くのです。
表面に吸着した色素が剥がれ落ちるときにキューティクルが剥がれ落ちることがあります。
posted by キューティクル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

ヘアカラー

髪をカラーリングすると痛むといいますよね?
それはやはりキューティクルを傷つけているからです。

一般的に使用されている「ヘアカラー」はキューティクルを開いて、その中に染料をしみこませ、メラニンを分解して脱色、染料を発色させ毛髪内に定着させます。

キューティクルが痛むのは当然ですね。
posted by キューティクル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

キューティクルは簡単に痛んでしまいます。
例えば、強い紫外線、間違った洗髪やブラッシング、パーマなどによりあっと痛み、ダメージを受けてしまいます。
キューティクルを守るためには、日ごろのケアが必要なのです。
posted by キューティクル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キューティクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

キューティクルが健康であれば、発毛や育毛に繋がります。
逆に、キューティクルが痛んだり、ダメージを受けたりすると当然、髪の発毛や育毛を妨げます。
すると、薄毛や脱毛の原因になります。
髪を守るためにはキューティクルを守らなくてはいけないのです。
posted by キューティクル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 発毛・育毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

キューティクルが髪の感触やツヤを決めます。
キューティクルが健康な髪は、柔軟に曲がります。
ところがキューティクルが剥がれ落ちてしまった髪は、水分がなくなり、ぱさぱさになったり、切れ毛や枝毛が出来てしまいます。
posted by キューティクル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

キューティクルとは

キューティクルとは、髪の表皮にあたる組織で、魚のウロコのような形をしているそうです。
キューティクルの形状は、人それぞれ違うため、指紋のように誰のものかを判断することが出来ます。
一度壊れてしまったキューティクルは再生することが出来ません。
posted by キューティクル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キューティクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。