2007年11月05日

キューティクルは簡単に痛んでしまいます。
例えば、強い紫外線、間違った洗髪やブラッシング、パーマなどによりあっと痛み、ダメージを受けてしまいます。
キューティクルを守るためには、日ごろのケアが必要なのです。
【関連する記事】
posted by キューティクル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キューティクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。